2005年11月26日

マンションの事件

公にでていないだけで、きっと問題のあるマンションはたくさんあるのではないかと思う。
これは、決して姉歯氏だけが悪いわけではない。会見を最初にみたときは、なんて責任感のかけらもない!と怒りがこみ上げてきたけれども、だんだんと色々な関係性が明るみになるにつれて、ここだけの問題ではないように思いました。
姉歯建築士が、聴聞会で、圧力をかけられたと言ったのは、施工会社の木村建設(熊本県八代市)と開発・施工会社のヒューザー(東京都千代田区)とシノケン(福岡市)の3社みたいですけど、今回の事件の登場人物に検査機関イーホームズ(東京都新宿区)とマンションの住人も加わる。

被害者、加害者の関係でいうと、マンションの住人はすべてから被害者なのだけれど、姉歯建築士も被害者に属する関係図がある。
仕事がなくなることは、個人事務所にとって、すごく怖いことである。
だからというのは納得いかないが、共感はできなくもないかも。。。(←かばうわけではないけど)
イーホームズのチェックの甘さは、依頼する段階で姉歯建築士がしっていたというのだから。。。恐ろしい。
何にもしらない私は、ニュースをみたら、みんな悪者に見えてしまう。

購入者が専門家ではない場合、業者や広告を信じて物を購入するわけで、何を信じたらいいものやら。。。

マンション耐震偽造問題は、どこのマンションでもあるのではないかと思うし、実際にマンションの住んでしまっている私としては、全く人事ではない!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9818476
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。