2005年11月17日

なぜ固定金利選択型にしたのか、、、

固定で組まなかったのは、なぜなのかとよく質問されます。ま、細かく言うと、固定で組めないのに、なぜローンを組んだのですか?という質問ですが。。。あせあせ(飛び散る汗)
変動金利や短期の固定金利選択型で長期のローンを組むと、




金利は年2回の見直し。返済額は5年に1回見直しされます。
ここが私の固定金利選択型を選んだポイントなのです。

年2回の金利見直しで金利が上昇していても、返済額の見直しが5年に1回
つまり借り入れしてから3年後の見直しがあって、その後は5年後に見直しされるのです。

私の計算では、どんなにかかっても8年では完済できる自信があったから、契約社員のまま、固定金利選択型で結論をだしました。


今後、金利は上昇するでしょうけれども、返済額見直し時期でなければ、返済額は変化しないということを逆手にとりました。

ただし、これは短期で返済するという自信(返済計画のない人)には進められませんけれど。

ちなみに、一般的に言われている「返済額の目安は年収の25%以内」というのも、意識しましたよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。